LOST&FOUND   

突然だけど、いま、とても満たされています。

新年そうそう、入院、手術と大変だったけれどそれもまた

今年1年を健康に過ごさなきゃという自分への警告にもなったし、

無理やりにでも休めたし、結果オーライ。



入院していた数日間は、ほんとは、こうして、ああして、ああするハズだった予定が

ぎっしり詰まっていた数日間だった。

よりによってこんなときに・・・って、泣きっ面に蜂な気持ちだったのです。

でも。

どれだけ前から予定していても、準備万端にしていても、その「つもり」で行動していても

それって「予定」だったり「つもり」だったりでしかないことが、よくわかった。

あるときとつぜん、不可抗力でどうにもならないことに遭遇することもある。

それって自分の力じゃどうにもならない。

だったら。

「あとで」のためにいまの何かを我慢したり、飲み込んだり、胸に溜めたりするよりも

いまこの瞬間を精一杯に生きることは大事なことなんじゃないかなと思った。

正しいかどうかではなくて、なんだかそう思ってしまった。

いまこの瞬間。

自分が大切に思うヒトや、犬や、仕事や、世界を、精一杯大切にする。

そしたら、なにか不可抗力があったとしても後悔は少ない。

そう思った。

入院中はテレビも消灯時間を過ぎると禁止で、いろいろ考えた。

そして思い至ったのは、失ってもいいじゃないか、ということ。

失うことを恐れて縛られて、なにもできなくなるよりは、失ってもいいじゃないか。

一度失って、その結果としてなにかが見つかることもある。

大切なものとそうでないものの線が引かれることもある。

見えることもある、わかることもある、再認識することもある。

失うことは、なにかを見つけるためにいちばん大切な作業なんじゃないかと思った。

失うことのない人生には、見えないことが多いのかもしれない。

昨年は、そんな1年だったかもしれない。

大切なものが見つかり、わかり、再認識できた。

どう生きるかなんてことを、一生懸命考えた1年でもあった。

LostとFoundを繰り返しながら生きていくしかないのかもしれない。

失っては見つけ、また失っては見つけ。

それでも。

これだけは譲れないというほど大切なものは、大切に、大切に、もっともっと大切に。

守らなきゃいけないのかもしれない。

ゆっくり考える時間は、自分に落ち着きを取り戻させてくれる。

いい時間だったのかも、しれない。

入院でもしなきゃ、なかなか、ないからね。

仕事も。

失うことを恐れるよりも、前に進もうと思った。

くすぶってる場合じゃなくて、もっと、もっと、感度の高い自分になっていかなくては。

今年は迷わず、仕事をがんばろう。

自分が幸せであることは、自分を大切に思ってくれる人を大切にする、

いちばんの近道に、なるのかもしれない。

だって。

大切な人が幸せでいてくれたら、わたしは幸せだと思うもの。

いい顔を、していてほしいと思う。

それがいちばん、うれしい。

犬たちも、ヒトも。
[PR]

by jrt-mona | 2007-01-08 22:33 | DAYS.

<< あの顔。 友人からの年賀状。 >>