ときには真面目に。   

母の入れ歯をコロコロ転がし、わたしの眼鏡をガジガジに破壊し、

ムシ君の墓石を加えて爆走し、ピラニアのように食べまくり、モナちゃんのガムも

奪い去るマーやんですが。
f0124526_4492987.jpg




ドッグショーのマナーの練習は、とても真剣にやってくれます。

無理やりやらせたり、訓練により服従をさせるのではなく、

本犬が楽しそうに自己表現できることがわたしにとってのいちばんの理想。

尻尾をぷりぷり、首はしっかり上がって、前傾姿勢で張っている状態の

フリーステイの表現ができるようになってほしいな。
f0124526_45102.jpg

f0124526_553542.jpg

赤ちゃんらしさが抜け、背線も固くしっかりしてきました。
f0124526_4521350.jpg

フロント、エルボ、胸も、ずいぶん成長してきた。
f0124526_453489.jpg

そして、見上げるこの一生懸命な目。

マーやんのお父さんは、素晴らしいショーマンシップを持った子です。

モナちゃんもドッグショーが大好きで、目の輝きがかわります。

そんな両親の遺伝かな、マーやんはドッグショーの練習が大好き。

レスコというショー用のリードを出すと、尻尾ぷりぷりで走ってきて

嬉々としてステイを見せてくれます。

その、見上げる目が、モナちゃんのようでときどき、うれしくなる。

マーやん兄妹は、たくさんの方のお力添えをいただき、助けていただき、

実現できたブリーディングの子です。

きちんとショーに出し、この子たちのお父さん犬、お母さん犬のよい部分を

受け継いでいってもらいたいと思っているし、それはこのブリーディングを

お願いし、助力を仰いだたくさんの方々への責任でもあると思っています。

今年は、まだまだ。

ベビーパピー時代をショー中心にはせず、長い目で、長い時間をかけて

この子を育てていきたいと思います。

モナちゃんがドッグショーデビューした2歳半という年齢までには

まだまだ、長い時間があります。

年齢的に充実してきたらそのとき、マーやん、がんばります。

それまでは、のびのび、自由に、天真爛漫なマーやんのこの個性を

大事に育てていきたいと思います。

ショードッグ、ではなく、ショーが大好きなパートナードッグ、でいいかな。

だって、天真爛漫なこのコムスメを見ていると、こっちまで楽しくなるからね。
[PR]

by jrt-mona | 2007-01-11 05:04 | MAYA

<< 秘密のデート。 DOG ART.今年は少しだけ... >>