爪きりDAY。   

今日は、爪きりDAY。



モナちゃん、ペコ、CoCo、マーやん・・・あれ。

大ちゃんがいない。

大ちゃん、爪きり大嫌いで、隠れてしまった。

ひとまず、気弱な大ちゃんは放っておいて、

6匹のボーダーパピーの爪も、小さな爪きりでパチンパチン。

この頃から爪切りに慣らしておくと、後から楽だから。

うちの犬たち(マーやん除く)は、ほんとうに、見上げたものだ。

トリミングのときは、トリミングのつづきで台のうえで爪を切るけれど

爪だけのときは、抱っこして切るけれど、誰一人、抵抗しない。

うるうる泣きそうな目でじっとこらえて、されるがまま。

血が出ても、キャン!の一声もあげません。

無駄な抵抗は、しても無駄って知ってるのね、さすが。

どれほど抵抗してもやめてくれない母に、あきらめているのかね。

マーやんはまだ、抵抗の余地があると思っているフシあり。

甘いな。

バツンバツン、切ってしまいます。

今日はクイックストップ(止血剤)の買い置きがなかったので、

血が出るほどには切らなかったけど、いつもなら、血が出ても気にせず

切ってしまいます。

長い爪は握りが弱くなるし、滑って危ないから。

心は痛むけど、やらないと、あとから怪我するほうが大変。

いやしかし、11頭いると爪切りもひと苦労。

全員終了!

と思わせて、のこのこ出てきた大ちゃんを捕獲。

はい、大ちゃんも爪きりだよ。

泣きそうな大ちゃん。

かまわず切るわたし。

泣きそうな大ちゃん。

容赦ないわたし。

ほんとに全員終了!

したあとは、4匹のジャック、1匹のペコ、6匹のパピー。

合計11匹22個の瞳が、不信人物を見るような目でわたしを見ていた。

そんな目でみないでよ。

切らなきゃダメだから、心を鬼にして、切ってるんですからね。

意外と気の弱いわたしは、人気挽回のため、臨時おやつタイム。

泣いたカラスがもう笑った。

じゃなくて、不信なヤツがもう大好きなママに戻っていたよ。

みんな、大好きな生の手羽先をバリバリ食べて、爪を切られたショックも

すっかり忘れてくれました。

ふぅ。

ああ、自分のネイルも、ちゃんとしなきゃな。

最近、子犬の世話で、ボロボロだ。

明日は大地とモナちゃんをトリミングしなきゃ。

すぐ伸びちゃうね、冬はとくに。

お産で伸び放題になっていたペコも、そろそろやらなきゃ。

毎日、なんかしら、あるなぁ。
[PR]

by jrt-mona | 2007-02-02 05:10 | DAYS.

<< チャージする日々。 JRTの仔犬のお問い合わせについて。 >>